テクニカルガイド

以下の内容は、弊社データチェック時に確認を致しかねる内容となります。
恐れ入りますが、データ制作時及びご入稿前には十分ご留意いただきますようお願い致します。



 

制作アプリケーションはIllustratorをご利用下さい。

□ ヌリタシの作成方法
□ フォントのアウトライン作成方法
□ 画像の粗さ判断基準(解像度)
□ スミの濃度の違いによるご注意事項
□ 仕上がり罫について
□ リンク画像の確認
□ リンク画像の埋め込み
□ 1色面(スミ)の作成と確認方法
□ スミ100%(スミノセ)のオブジェクト使用時のご注意事項
□ 極細線(ヘアライン)のご注意事項

 


ヌリタシの作成方法




仕上がり線です。この位置で裁断されます。

ヌリタシ部分です。仕上がり線に色や写真がかかる場合には、この線まで伸ばすようにレイアウトしてください。


 




フォントのアウトライン作成方法


パソコン上で入力される文字には様々な文字情報が存在します。この文字そのものは作成されているパソコン本体から読み出されているため作成ファイルのやりとりだけでは文字が正しく表示されないこと(文字化け)がほとんどです。そこで文字のアウトライン化をすると文字情報がなくなり、図形化されることで、文字化けの発生を防ぎ、正しい印刷物を制作することが可能となります。ファイル受け渡しの際の重要なルールのひとつです。


  ロックの解除


アウトライン化する前に、ロックがされていないかチェックをします。


※「すべてをロック解除」がグレーで選択できない状態になっていることをご確認下さい。























  フォントのアウトライン化

 

 

「選択」→「すべて」を選択し、 すべてのオブジェクトを選択します



すべての選択を保ったまま
「書式」→「アウトライン作成」を選択します

以上でアウトラインの作業は終了です











※アウトライン化するとフォント情報が失われます。よって「上書き保存」をすると後に再度そのデータの編集が大変困難になりますので、保存をするときは必ず「別名で保存」を選び、「アウトラインしたもの」と、「していないもの」とを区別できるファイル名にしておくことをおすすめいたします。
印刷データご入稿時にはくれぐれもアウトライン化したデータをご入稿くださいませ。

 




画像の粗さ判断基準(解像度)

画像をできる限り鮮明に印刷するために、弊社ではデータ制作時の画像解像度について以下のようにおすすめしています。

 

○画像解像度は350dpi(dpi=dots / inch)以上を推奨させていただいております 。
○画像の拡大や縮小は画像の劣化につながりますので、画像の作成や修正をいただく場合は、最終的に使用するサイズの一回りぐらい大きいサイズで作成ください。
○画像解像度が高い場合でも、元データの品質により仕上がりは異なってまいります 。



画像解像度についてはデータチェック時には確認させていただけておりません。原則として、ご入稿いただいたデータの画像が粗い状態でも完全データとして印刷工程へ入らせていただきますので、デザインデータ制作時には画像解像度には十分ご留意ください。




スミの濃度の違いによるご注意事項

スミベタのオブジェクトの上に背景がブラックの画像を配置した場合、画面上では差がないように見えてもブラック部分の濃度差が違う場合、画像の縁が印刷されてしまいます。




仕上がり罫について

下図のように仕上り位置を実線にて設定されますと、商品にもその線が印刷されてしまいます。
また、断裁時の小さなズレにより線が見える部分と見えない部分がでてきてしまう恐れがあります。
※ 仕上がり入りはガイドライン(定規の機能)にてご確認ください。




リンク画像の確認

画像のリンク切れを防止するために、イラストレーターのレイアウトデータと同じフォルダ(ご入稿用のフォルダ)にレイアウト上でリンクされた(使用している)画像をすべて入れてご入稿下さい。

※埋め込み配置をいただいている場合は、レイアウトで埋め込み(使用している)された画像のご入稿は必要ございません。?





リンク画像の埋め込み

Illustrator CS/CS2でリンク画像にEPS形式のデータをご使用の際は、必ずEPS画像を埋め込んでください。Illustrator CS/CS2の不具合により、印刷時に意図しない白線が入ってしまう場合がございます。

パレットメニューを表示し、リンク画像を埋め込む


リンク画像を選択し、パレットメニューから「画像を埋め込み」を選択する



1色面(スミ)の作成と確認方法

ご確認いただくにはPhotoshopをご使用いただく必要があります。?

01. IllustratorにてカラーモードがCMYKになっているかを確認

「ファイル」>「書類のカラーモード」がCMYKカラーになっていることを確認

02. IllustratorデータからTIFFデータに書き出し 

?「ファイル」>「データ書き出し」を選択




TIFFオプション

カラーモード:CMYK
解像度:その他150ppi




?PhotoshopにてTIFFデータを開く

・K(ブラック)版の表示・非表示を確認
・K(ブラック)版のチェックを外す




スミ100%(スミノセ)のオブジェクト使用時のご注意事項

スミノセの色設定についてのご注意
写真や文字などのオブジェクトとスミ100%のアミが重なったレイアウトの場合、システム上オーバープリント設定になるため、下図?のような仕上りになってしまいます。(下層にある写真や文字、イラストなどが透けて見える状態)




透過を避けるための解決方法?
どうしても透過を避けたいという場合にはいくつかの方法がありますが、図の?または?のようにK(ブラック)以外のCMYのいずれかに1%でも色を加えることで透過を避けることが可能です。

【ご注意】
スミノセによる透過現象は、写真画像のほかにも文字やイラストなどの場合にも同様に起こってまいりますので、データ作成の際には十分ご注意ください。?




極細線(ヘアライン)のご注意事項

「線幅がゼロ(空欄)」のライン(罫線)のことをヘアラインと呼びます。画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、本機による印刷では、かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。 ヘアラインが含まれたデータの場合も、データチェックにて確認させていただく内容の対象にならず、ご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい。 また、線幅が「0.3pt」以下の設定の場合、ヘアラインと同様、かすれなどの原因となりますのでご了承下さいませ。




Top